潤いの有る肌が欲しい ‐目の周りの乾燥が気に成る貴女へ‐

潤いの有る肌が欲しい ‐目の周りの乾燥が気に成る貴女へ‐

肌が乾燥しているのは、肌の表面の角質層の細胞がバランスが悪くなり、表面が割れてる状態で敏感肌でもあります。そのため刺激に大変敏感に成り、発疹や赤みや痒みが出やすくなっています。保湿をして、痛んだ細胞を元気にさせると、透明感の有る艶やかでハリの有る肌を取り戻す事ができます。

なんだか最近、カサついてる、おかしいなと思われたら、直ぐに保湿を重点的に置いたケアに切り替えてください。
カサつきと共に、痒い直ぐに化粧負けしてしまう、アレルギーかしらとお悩みの貴女へ、ちっとナイショのお話。

 

◆なぜ肌がカサつくのかしら

 

通常の季節の変わり目には肌が荒れたりしましたが、最近は紫外線や埃、ハウスダスト、冷暖房でお肌は痛めつけられています。
お化粧を落としたり、強い洗顔料や刺激の有る香料など、お肌は絶えず刺激に晒されています。

 

◆目の周りも乾燥してる・・

 

目の周りは皮膚が大変デリケートで、乾燥が一番良く現れやすい箇所でも有ります。また皮脂腺が無い為、自力で保湿する事も出来ず、皮膚の渇きに弱い敏感な部分です。目の周りが乾燥してきたら、次の段階は縮緬皴が現れます。

 

◆シワシワに成りたくない

 

リンゴが新鮮な時はツルンとしてますが、冷蔵庫に長い間放置しておくと弾力が無くなり、表面がゆるゆるになり、シワが現れます。
お顔も乾燥が進むと、冷蔵庫に忘れられた痩せたリンゴの様に成ってしまいます。

 

◆プルプル肌にしたい

 

乾燥が進むと上記のリンゴの様に成りますが、少し乾燥してるなと思ったら直ぐに手を打つ事が出来ます。
皮質を重点においた洗顔と強い浸透力を持つ保湿ローション。

 

細胞レベルで角質層に強い浸透力を持つ保湿を行い、パックをし、細胞間に閉じ込めた水分をバリヤーでキープします。
高い化学の力と、古来から愛されてきた薬草の力で、肌本来の柔軟性を取り戻し、皮膚を構成している蛋白質のアミノ酸を活性化させて肌に元気を取り戻させます。