目元プルプル

目元プルプルお肌になりたい!

世界一美しいといわれる日本女性の肌。本来持っている肌自身の柔軟性と艶やかさを取り戻す事が可能です。日本の風土と女性の肌を研究し続けた国産メーカーなら、厳選に忠実に求められている潤いとハリを研究し、確かな信用を元に提供しています。

美しい女性を表現する言葉は「瑞々しい」「絹の様なしっとりとした肌の色気」「ゆで卵のようなキメ細やかさ」「ぬめるような肌が男を魅了する」等と語られます。

 

男がイケナイ女性を語る時「乾いた肌の女性」「カサついた色気の無い肌」「干からびた・・・」等と乾燥を強く印象付ける表現が多いのはホント。

 

それは陰謀だと大きな声で叫びたいのですが、季節の移り変わりや体調の変化で肌が以上に乾燥してしまうのも、悩みの種。
じゃーぁなんとしても「しっとりした艶のある肌が欲しい」その為なら何でもするわ。画期的な方法の魔法のステックの一振り、ミラクルが欲しいのもオンナの本音です。

 

しっとりした肌は

 

肌は本来、柔軟性を持った角質層に覆われていて、コラーゲンが細胞の中で並んでいる状態です。沢山のコラーゲンがお手手を繋いでいるので、ぷりんぷりんと弾力を持ちその弾力が肌にハリと潤いをキープしています。

 

細胞が元気で細胞が水分を角質層にブロックしていると、肌が水分を含み、ふっくらと膨らんで透明感の有る肌色になります。細胞レベルがとても元気な状態ですから、細胞のターンオーバーも速やかに行われています。この状態では全くシミの原因となる炎症などが無い為、ゆで卵のようなと表現される肌と成っています。

 

目の周りの乾燥があるんだけど

 

目の周りは元々に皮膚が薄いので、一発で乾燥が現れ、ビジュアル的にも感覚的にもバッチリ乾燥肌の影響が現れやすい特徴を持っています。

 

困ったなと思ったときがチャンスです。乾いてるなと思ったら保湿を重点的に置いた洗顔とパック、セラミドが乾いた肌の深層部にまで優しく速やかに潤いを送り込み、シットリさをシッカリキープ。あらっと、次の朝は驚きのモチモチツル肌が蘇ります。

 

どうやってやるの?

 

保湿は水分を与えると思っていませんか?
でも実際は水分を保持するものを肌に届けないといけません。

 

いわゆる保湿成分。

 

これがないといくら水分を届けても意味がありません。
コップがないのに水をいっぱいためようとしているのと同じです。

 

目の周りのデリケートな保湿方法はこの保湿成分をいかに優しく補給させるかです。

 

専門サイトはこちら。
目の周りの保湿方法

 

絶対にこすったり揉み込んだり、グリグリとマッサージしてはダメ。
引っ張っても意味がありません。

 

優しく優しく保湿成分を増やす。
すると自然に水分が還ってきます。

 

目元の乾燥でまつ毛が減る

 

目元が乾燥しているということは、毛の発育にも影響を与えます。

 

頭皮が乾燥しているとフケが出て抜け毛の原因となります。同じように目元の乾燥は敏感な皮膚状況を悪化させます。症状としてはまつ毛が抜けやすかったり、思うように太くならない状態があります。

 

まつ毛貧毛症について
まつ毛貧毛症かも~薄い・少ない理由は3つある

 

目元の皮膚は薄い。これは乾燥しやすいだけでなく、刺激に弱くて炎症を起こしやすい状態です。これはまつ毛にも影響することになり、特に女性にとっては死活問題と言えますね。